山天狗と海坊主

登山と釣りについて紹介するブログです。

炭水化物抜きダイエットから学ぶシャリバテ防止対策

ここ2年くらい炭水化物抜きダイエットというのが流行っていますね。

人間のエネルギーはブドウ糖とケトン体の2種類があるらしく、通常状態であれば、ブドウ糖を、ブドウ糖のエネルギーが切れた際には脂肪が燃焼し発生したケトン体をエネルギーにしているようです。このケトン体をエネルギーにする体の状態をケトン体回路と呼んでいます。

炭水化物抜きダイエットは炭水化物を抜くことでブドウ糖エネルギーをそもそも少なくし、さっさと脂肪燃焼というさせるダイエットなんですね。

非常に理にかなったダイエットのように思えますが、一つ大きなデメリットがこのケトンという物質非常に匂いがきついです。下の記事にもありますが、ダイエット時には匂いが発生し、炭水化物を抜くことによって常にケトン臭を常に発生させている状況です。痩せやすいのはいいですが、常に匂いがきつくなるのは辛いですね。

痩せるとクサくなる!? ダイエット臭について解説。 |Kunkun body(クンクン ボディ)

 

 さて、ここまではダイエットのお話ですが、ここからは登山のお話。

 

 この炭水化物抜きダイエットの効果を登山に応用できないかと考えたのですが、下の2個を思いつきました。

①臭いで体調管理

上の記事にも書いてありましたが、脂肪が燃焼され始めると汗臭いが発生します。臭いが発生され始めたタイミングではもう脂肪燃焼が始まってしまっています。臭いを感じたらすぐにエネルギー補給しましょう。

登山ではガス欠状態のことをシャリバテと呼び、(自転車業界ではハンガーノックと呼ぶ) その状態になると途端に足が重くなります。シャリバテを防ぐために、2時間に1回補給するのが推奨されるようです。また、食べた食料が吸収されるのは約2時間後だそうです。

自分の感覚でわかる人も多いと思いますが、ひょっとしたら臭いが自分の体調を計る助けになるかもしれません。  

② ケトン体回路を利用して活動量2倍

 登山ではこの仕組みを活用して普段は炭水化物抜きを行い、ケトン体回路を体内に作成。登山前日に炭水化物を摂取し、最初はブドウ糖、ブドウ糖消費後はケトン体、という順に消費することでいつもの2倍活動できる。すげー!!

なんて考えましたがスポーツ特に長距離走なんかでは結構前から使われているテクニックのようです。登山に応用する話もすでに漫画に書いてありました。カーボローディングというそうです。

「山と食欲と私」

美味しそうに山でご飯を食べる漫画です。漫画内の食事を再現してみたいですね。

 

 

六甲全山縦走練習 区間① 須磨浦公園~菊水山 

六甲全山縦走に向けてコースの下見を兼ねて、六甲全山縦走コースを歩いてきました。雨だったり休日出勤したりで9月一度も山に行けなかったので、半分も歩かなくてもだいぶつらかったです。

 六甲全山縦走大会は下の4区間に分けられています。それぞれの区間の終わりにチェックポイントが設定されています。

 ①須磨浦公園~菊水山

 ②菊水山~掬星台

 ③掬星台~六甲最高峰

 ④六甲最高峰~宝塚

今回は①の須磨浦公園~菊水山の紹介をいたします。

 

概要 

歩行距離 16.0km

累計標高差 1355m

最高高度 455m

消費カロリー 2000kcal

 

第1区間だけでこの数値です。歩行距離と累計標高差は通常のサンデー登山とほぼ同等の数字です。まあ第3区間は標高差は少ない&第4区間は下りメインのため、単純に4倍というわけではありませんが…

 

区間①は市街地コースです。山と山の間を市街地を通り結びます。

 

山歩き詳細

須磨浦公園からスタートです。

山陽電車は2018年10月8日までカードキャプターさくらスタンプラリーをやっていましたが、須磨浦公園駅はスタンプは置いてませんでした。

須磨浦公園はロープウェイとカーレーター乗り心地の悪いことが売りのエスカレーターで山頂まで登ることができます。もちろん六甲全山縦走するからには自分の足で登りましょう。ロープウェイの終点には分岐があります。左の階段を上ると山頂へ、右のフラットな道を進むと巻き道で山頂を飛ばして進むことができます。六甲全山縦走大会では、ショートカットの走行は可なので初心者方はガンガンショートカットしましょう。

分岐のどちらを選択しても、旗振山山頂につきます。茶屋があります。旗振山の山頂からは淡路島と明石大橋を見下ろせます。反対側には神戸の街が広がっています。 

鉄拐山にも回り道があります。ここのショートカットは大きいです。標高差100mくらいショートカットできます。鉄拐山の山頂は結構いい景色ですが、今日はショートカットします。

次の山に向けて下山します。山と山の間に市街地が広がっています。市街地まではずっと階段です。あまり山を歩いてる感じはしないですが、ハイキングなんかにはもってこいですね。

市街地には、当然スーパーがありここで補給できます。朝8時オープンなので大会当日は期待できないですね。しかし周りには自販機が多くあり補給ができます。

横尾山に向かう道です。ここもずっと階段で登ります。標高差80mくらいだと思います。

第1区間のハイライト、須磨アルプス・馬の背です。ここは自分が初めて登山に行った場所で山を好きになった場所です。スリルも多く、風が吹いているときなんかは足がすくみます。この辺は歩いていて非常に楽しいです。

馬の背を過ぎるとまた市街地にでます。ここの市街地区間は非常に長いのですが、曲がる箇所には写真のような標識が設置してあり、周囲を見回しながら歩いていけば、迷うことは少ないと思います。

また市街地の写真ですが、この小学校は六甲全山縦走大会当日はトイレを開放してくれます。ありがとうございます。トイレは結構並びます。

次の山高取山の山頂の神社です。鳥居の並びが美しいです。前回はショートカットというかすぐ脇の道を通ったため、実はこんなきれいな鳥居があるとは知りませんでした。

高取山下山中にもトイレがあります。ここのトイレは比較的きれいなので人気です。大会当日もお世話になりました。

高取山下山後はまた市街地を歩きます。そろそろ市街地ばかりを歩いていて飽きてきます。市街地内も写真のような、坂が多くあり、市街地区間でも非常に疲れます。

鵯越(ひよどりごえ)駅です。この周辺は商店街のため、色々補給できます。この後、菊水山を登ると第2区間は山岳コースです。商店などはないため、ここが最後の補給地点です。ドリンク等は補給しておきましょう。大会当日は商店街が出店を多く開いておりバナナなんかも購入できます。

鵯越駅からアスファルトの道を歩き続けると菊水山です。ここから、230m登り続きです。230mというとサンシャイン60ビルと同じ高さです。その高さを登り続けるということを振り返ると我ながらよくやっていると思います。個人的には六甲縦走路内でここが一番つらいです(本当は掬星台前の登りもつらい)。ここさえ乗り越えれば第1チェックポイントです。

第1チェックポイントの菊水山山頂です。ベンチも多く休憩には最適です。菊水山の登りを登り切り休憩していたら早く出ないと失格になるよと急かされたのを覚えています。休む間もない大会です。

 

続いては第2区間、山中コースです。

第2区間以降についてはまた別の記事で紹介いたします。

 

アジングに出発。そしてアジが釣れない。

昨日も朝5時頃からアジを釣りに港までアジングに出発しました。結果はアジボウズです。アジを狙うなら夜釣りに行ったほうがいいのでしょうか。

 

ボウズのがれに釣ったのはセイゴです。20cmくらいですね。釣果はセイゴ2匹、ガシラ1匹です。

引きもあって楽しかったですが、アジを釣りたい。

 

アジングにはどんなアクションが必要かイマイチわかりません。サビキのアジ狙いの方々もイワシしか釣ってませんでしたし、今日はいなかっただけかもしれませんが。

 

ちなみにsoare BB 800LTにレブロス2004番を利用していますが、リールシートを固定するためのスクリューが素手にあたった状態でキャスト・アクションさせ続けると手が痛くなってしまいます。帰りに釣具店に寄ってグローブを買い足しました。soare を売って別の釣り竿買うほうがいいのでしょうか。うーん…お金がない。

 

六甲全山縦走コースの紹介 縦走大会2018に出場します。

「六甲全山縦走大会に申し込みます。」と記事を書いて一月立ちましたが、無事当選し大会に出場することとなりました。

ここで、六甲全山縦走コースを紹介したいと思います。

六甲全山縦走概要

六甲全山縦走大会ではスタートから3つのチェックポイントを通過しゴールします。私は六甲全山縦走コースをチェックポイントで4つに分割し以下の名前をつけました。各区間ごとに紹介していこうと思います。

 ①市街地コース(須磨浦公園~菊水山) 

 ②山中コース(菊水山~掬星台)

 ③車道巻き道コース(掬星台~六甲最高峰)

 ④ナイトコース(六甲最高峰~宝塚)

第1区間 市街地コース

須磨浦公園~菊水山

歩行距離 : 14.8km

累計標高差 : 1340m

最高高度 :  450m

第1区間だけで上記を歩きます。ちょっとした日帰り登山くらいの活動です。

 

 第1区間は言うなれば市街地コースです。最高450Mの山々を登っては下り、登っては下りを繰り返すコースです。このコースは序盤のため肉体的には余裕がありますが、精神的にはきついコースです。どのあたりが精神的にきついかというと、まずは山頂に登頂後、市街地まで降りなければならないところです。一般的な縦走は山頂と山頂の間は稜線歩きで非常に気持ちが良いものですが、六甲全山縦走では山頂と山頂の間は市街地です。あまり面白味がないです。特に挑戦ちう意味合いが強いため、バスが通っているのを見ると乗って帰りたくなります。

そしてその市街地区間が長すぎるため、山を歩きに来た感じがありません。半分くらいは、市街地を歩いています。須磨アルプスなど一つ一つの山にフォーカスを当てると良い山ばかりですが、市街地が辛いコースです。

第2区間 山中コース

菊水山~掬星台

歩行距離 : 7.7km

累計標高差 : 840m

最高高度 :  690m

第2区間は上記を歩きます。第1区間ほどではないですが、そこそこの距離標高差です。

 

第2区間は山中コースと名づけました。第1区間と違い、市街地はほぼありません。チェックポイントの菊水山山頂から一気に下りいきなりテンション下がるところからスタートです。基本的には山中をダラダラと山を登り続けます。補給がポイントがないため、水等を自身で持ち歩く必要があります。

チェックポイントの掬星台では、自販機やイベント時にははちみつレモンの支給などを行っています。

 

第3区間 車道巻き道コース

 掬星台~六甲最高峰

歩行距離 : 9.7km

累計標高差 : 566m

最高高度 :  930m

 

第3区間は車道巻道コースと名づけました。掬星台から六甲山最高峰までの間は、車道が通っておりバスで移動することも可能です。一方、六甲全山縦走の公式コースは、掬星台から六甲山最高峰までをほぼ直線で結び、複数回のピークハントを経由するルートです。大会では、全ピークを超えるような指示はないため、多くの参加者は車道を歩きます。車道を通ることで標高差は少なくなるため、体力の消費は少ないコースです。掬星台までで体力を使い果たしたとしても平地を歩きながら体力回復も可能だと思います。途中にロープウェイやバスなど公共機関も多いため、ドロップアウトするならこのコースが最適です。

第4区間 ナイトコース

 No Data

第4区間は実は歩いたことがありません。また別日に練習で歩きに行ってきます。

六甲最高峰到着時点ではもう夕暮れです。第4区間は夜に歩くことになるため、ないとコースと名づけました。早朝スタートかつ歩行スピードの早い方でしたら日中時間帯にゴールすこともできるようですが、私のような初級者レベルでは日中にゴールは難しく夕方〜夜間に歩くことになります。

第4区間以降は公共交通機関による下山ができなくなります。ここまできたら完走するか、力尽きるかの2択しかありません。

 

以上、六甲全山縦走コースを4つの区間に分けて紹介いたしました。早朝出発でゴールするのは夜間になるので、体力と精神力両方が必要になります。また、夜間に山を歩くのは危険なため、大会のように周りに人が歩いている状況でしか歩けないと思います。そういう意味では、私にとっては、六甲全山縦走する年に一度のチャンスです。きちんと準備したいと思います。

 

登山初心者失敗記③ 夏山でおなかをこわす

登山初心者失敗記③はおなかを壊した話。失敗というほどではないのですが、登山中におなかが痛くなることが多くありました。現在は克服したのでその対策を紹介いたします。ちなみにあるアイテムを購入し装備しただけで問題は解消されました。

舞台(高尾山/東京都)

 標高599m。世界一登山者の多い山。首都圏からほど近く、交通費もかからずに行けることから、登山趣味でない方も多く登られている山。ブーツやムートンで登っている方もいるが初心者向けの道はアスファルト舗装された道で、どんな格好でも問題なく登山できる。ミシュラン3つ星を獲得した。

失敗記

 東京出張のついでに世界一の山高尾山へ。出張ついでなので大した装備もなく、鞄に水を詰めてスポーツ用のTシャツ(化学繊維のもの)を1枚を着て登りました。

 

 汗っかきのため、登山中は汗だくだくです。休憩時間や山頂で景色を見ているときにはかなり冷えます。山頂で温かいそばを昼食に食べ、下山中に事は起きました。

おなかが痛い!!!

汗のしみ込んだ服が腹部に引っ付き、そのまま体温を奪います。おなかは冷やされ腹痛に…

急いで下山→トイレに駆け込み、なんとか事なきを得ました。 急いで下山したので、ひざや足首への負担も結構なものになります。たまたま捻挫等せずに済みましたが、この辺についても危険な状況でした。

原因と対策

 服装

汗を吸収したシャツが体に密着することで、体温を奪います。よくある対策として、水分が蒸発しやすい化学繊維製のシャツを使用するのがよいとされています。しかし、私は汗っかき。水分が蒸発するより早く多くの量の汗をかいてしまいます。どうにかする方法はないか調べていたところ下の商品を見つけました。

ミレー ドライナミックTシャツ

これをシャツの下に着るだけで解決しました。仕組みはよくわかりませんがかいた汗を吸い上げて体から離してくれるようです。実際、汗は同じ量書いているのですが、汗が直接肌に触れなくなるため、汗冷えしなくなります。

夏の低山での汗対策だけでなく、冬山のアンダーウェアの下に着ると体温をなくさずに済みます。

上のシャツを装備することでおなかが痛くなるということはなくなったのですが、おなかが痛くなってしまった場合の対策として、薬を常備しています。使ったことないのでどれほど効くのかはまだ未知数です。

携帯トイレ

これは持参してません。携帯トイレを利用できる場所は大山でしか見たことないですし、まだ購入しておりません。とりあえず購入する予定もありません。

 

 

10月の3連休はライトゲーム祭り

3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。私は3連休のうち2日は釣りに行ってきました。

 

朝からアジングをしようと思い、竿を振り始めて3時間全くあたりがありませんでした。いったん自宅へ帰り午後から再出撃。やはり釣れず…

アジはあきらめ、坊主逃れにガシリング。一匹釣ったところでアジングに切り替えます。本日の釣果はガシラ一匹だけでした。

 

翌日も朝から釣りに出かけましたが、やはり釣れず。

隣のおじさんがサビキでちょこちょこアジを釣っているのを横目に竿を振りアクションをかけ続けます。

一応坊主逃れにガシリング。ガシラはいいですね。ほぼ確実に釣れてくれるので…

 

もうアジの釣り方がわかりません。どうやったら釣れるのか。

アナゴ 夜釣り

今日は久々に晴れた週末でしたが、台風通過予報で雨と思っていたので、山には出かけませんでした。代わりに海にアナゴ狙いで夜釣りに行きます。

 

カレイ用の投げ仕掛けに輪切りにしたサンマをつけて適当に投げておけば、アナゴがかかります。

 

竿先には当たり判別用の鈴とケミホタルをつけておきます。鈴が鳴るような大きなアタリはありませんが、竿先に着けたケミホタルがぴくぴく動きます。

 合わせると何か木か藻でも引っかかったかのように重いのでそのまま釣りあげましょう。

  

調理の方法ですが、木製の包丁と文具店で千枚通しを購入。

背開きにして塩焼きに。

 

当然ですが、魚自体の味は店で出るものとかわらないですね。

次回はかば焼きにする予定です。

サンマをつけて投げるだけのアナゴ釣りぜひ試してみてはいかがでしょうか。